欠陥及び劣化写真

画像はクリックで拡大します。

笠木の隙間
中古物件の場合、バルコニーの笠木がずれていたり、シーリングが切れていて壁の中に
雨水が進入しているケースがあります。
雨水が壁内に入ると、木の骨組が濡れるのは当然ですが、
断熱材が濡れて断熱性能が低下するだけでなく腐朽の原因にもなります。
また、シロアリは湿ったところが好きなので寄ってくる可能性もあるため、壁内への雨水進入は避けなければなりません。
基礎はつり
基礎コンクリートが斫られていました。こちらもリフォーム時に
ユニットバスや配管を納めるために斫られたものとみられます。
ツーバイフォーの中古物件ですが梁部分にダクトを貫通させていました。
新築時ではないと思いますが、リフォームした時に空けたものだと思われます。
和室天井 雨染み
天井が板張りだと雨染みと分かりにくいケースもございます。
注意深く見る必要があると思っています。
チョーキング
チョーキングとは、外壁の塗装が劣化し始める時に起こる現象です。
手にチョークを付けたようになるため、チョーキングと呼ばれます。
このような現象が見られたら、そろそろ外壁の塗装を考える時期と言えます。
土間ひび割れ
中古物件の場合、土間にひびが入っていることもございます。
幅0.5mm以上のひび割れは劣化有りとなります。
防水シート 亀裂
鉄骨造の場合、屋根がフラット屋根でシート防水されているケースがあります。
そのシートに亀裂が入ってしまうと雨漏りの原因ともなりますので改修工事を
考えた方が良いです。
今すぐお電話!

Copyright© 東京・神奈川・千葉・埼玉で住宅検査はグラッドスタジオにお任せください。 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.